マンションの売却方法で反応が鈍くなってしまう動き方

マンションを売却したいけど、買い手が見つからない

マンション 売却仲介手数料最大無料

マンションを売却したいけど、買い手が見つからない原因を考えてみる今回は諦めることに

マンションに長く住んでいく中で一戸建てへの引っ越しを強く意識するようになり、売却することにしました。
セキュリティ面で安心感があるなどメリット・魅力に感じる部分が多々あるため、躊躇しない気持ちもあったのですが、それと同じかそれ以上にデメリットと感じることも出てきてしまいましたし、一戸建てへの憧れといったものも捨てきれず、結果として売却をすることとしました。
ちなみに、私がマンションを売却する方法として選んだのは、近所の不動産会社に依頼をするという方法です。
まずは査定を行うということでしたので、部屋をきれいにして、不動産会社の人を迎え入れることとなりました。
駅近立地で高層階、設備もかなり色々とそろっている物件ということもあり、建てられてからの年数を考慮しても、査定額は納得できるレベルということで、契約をして本格的に売りに出すこととしました。
ところが、なかなか内覧の希望者が現れず、スムーズにことが進まないといった事態になりました。
いくら売りに出しても、買い手がつかなければまったく意味がありませんから、これには困りました。
そして、やっとのことで内覧希望者が現れて、内覧をしてもらうも、見に来た方の反応がかなり普通で、まったく売れる気配がないのです。
ポツポツと何回か内覧の希望があり、その度に案内をしながら見てもらいました。

私が体験したマンションを高値で売却する方法

私たち家族は数年間マンション住まいをしていましたが、あることがきっかけで引っ越しをすることになりました。引っ越しをする場合にはマンションをどうするか家族会議で考えましたが、結果は出ませんでした。ある日、不動産売却のやり方について書かれているインターネットのサイトを見たところ、やり方さえ間違えなければ、高値で売る方法があると書かれていたのを覚えています。

そこで私たちは、不動産業者にお願いする前に、まずは不動産業者選びから始めました。不動産業者選びで気をつけたことは、査定額です。一つの不動産会社にお願いをしても査定額の相場がわかるわけではありません。そこで重要なことの一つがいくつかの業者に査定を依頼することでした。私が見たホームページにはそのように書いてあったため、実際に私たちも真似してみました。一括サイトから5つの不動産会社に査定をしてもらいましたが、査定お願いしている最中にあることに気がついたのです。それは、たくさんの業者に査定を依頼するのは精神的な負担や時間の消耗が大きいことです。つまり、不動産会社に査定をお願いするのはいいですが、多くの不動産会社は査定後に何度か電話をしてきます。自分が申し込む気がない不動産会社からしつこく電話がかかってきたときには、かなり精神的に参ってしまいました。もし次回売却する時は、3社ほどに絞り込もうと思いました。

査定額が高いところを選ぼうとしましたが、一番査定額が高いところは、あまり担当者の態度が好きになれません。そのため、私は担当者の態度が気に入った2番目に高かったところを選ぶようにしました。やはり、売却までは何か月間かの付き合いがありますので、自分が気に入った担当者にお願いをしたいと思ったのです。この考え方は、後になって考えてみればとても有効な方法だと思いました。自分の気に入らない担当者や会社に売却を任せるよりも、自分の気に入った担当者や会社に任せた方が、遠慮せずにこちらの希望もいうことができるからです。また、心理的な問題で、気に入らない担当者や会社に売却を任せて仲介手数料を取られるのはしゃくにさわると思いました。このように考えると、単純に査定額だけでなく、自分たちと相性がよく自分たちのことをよく考えてくれる業者を選ぶとよいかもしれません。

自分は偶然、去年、マンションを売却して、税理士に相談する機会が有りましたが、税理士からは、今年は特に税務署が仮想通貨関連で本気だから、真面目に申告しないと大変だと言われました。

— ミクミク (@conjure27jp) 2018年9月14日

不動産会社に高値で売却する方法を聞いてみましたが、このときリフォームを勧められました。リフォームをする理由は、リフォームの適切な相場が分かりにくいからだそうです。例えば、安い素材でリフォームをしても高い素材でリフォームしても、よほどの特徴がなければ、その物件を見に来た人は、適正価格が分からない状態で住宅を購入することになります。購入者にとってみれば、リフォームをしてある事実が大事であって、どのくらいの金額をかけてリフォームをしたかは関係ありません。リフォームをした事実に対してお金を出すため、よほど貧相でなければ、安くてもとりあえずリフォームしておけば、損する事はありません。その話を聞いて私はなるほどと思い、リフォームをすることにしました。ただ、マンションの築年数は18年ほどでしたので、水回りのリフォームと壁紙の変更、フローリングの取り替えぐらいしか行っていません。素材は平均的な素材にして、目立つ部分を中心にリフォームしました。

実際に売るために広告に載せたところ、割と早い段階で数件の問い合わせが来ました。同時に閲覧者も増えてきたため、アピールポイントを明確にしたところ、広告を載せてから2ヶ月ほどで購入者が現れたのです。価格をほとんどを下げずに売ることができ、とても満足をしました。その後トラブルもなく、今となっては良い思い出です。