マンションの売却方法で反応が鈍くなってしまう動き方

今回は諦めることに

しかし、開けて見せられない箇所が多すぎました。
よくマンション売却を行う際には、部屋の中は空っぽにまでする必要がなく、家具などある程度物が置いてあった方が生活のイメージがしやすくてプラスに働くと言いますが、これだけ見せられない箇所が多いという状態では、プラスに働きようがないと実感しました。
部分的にハウスクリーニングなどを入れたわけでもありませんから、ひどい汚れが残ってしまっている箇所などもあり、そういった点もよくなかったと思います。
そして、売りに出している価格も問題だったと思います。
実は、後々のハウスクリーニング代や引っ越し代などの費用のことを考えて、若干高めの設定にして売りに出していたのです。
途中で金額を少し下げたりもしましたが、対応が遅すぎましたし、下げるといっても思い切った下げ方ではありませんでしたので、反応は鈍く、内覧の希望が増えることもありませんでした。
さらに、もう1つの問題が不動産会社の対応で、ありとあらゆる場面において対応が良くなかったのが問題でした。
心を感じない対応とでもいいますか、非協力的な感じで、協力して積極的に売却への道を進むといった姿勢が見られず、不快な思いを何度もしました。
このように、さまざまな原因により、結局一旦売却をストップすることになってしまいましたが、今後また売りに出す時に、この失敗を生かそうと思いました。

マンションを売却したいけど、買い手が見つからない原因を考えてみる今回は諦めることに